07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/23)「ナポレオン北側エリア」の巻 

20170723 napoleon (1)
「ナポレオン」の全貌を暴くため、今日はまず「北側エリア」を攻めることにした。

20170723 napoleon (3)
メンバーはkaz✩とmayo。
宮古島でのシュノーケリング仲間の中でも、かなり最強のメンバーだ。
この2人も「ナポレオン」の全貌は把握していないらしい。

20170723 napoleon (2)
晴天のもと、干潮時のタイミングでシュノーケリングスタート。
水温はやや高め。
つまり俺にとってはちょうどいい温度である。
サンゴにとっては生きるか死ぬかのギリギリの温度だが……。

20170723 napoleon (5)
結局、片道約1時間ほどかけて2㎞ほど北まで泳いだ。
通称「小屋の浜」と呼ばれている場所の沖まで行った。
今まで「ナポレオン」と「小屋の浜」の位置関係がいまいち把握できていなかったので、今回、距離感、位置関係がわかったということは非常に大きなことだ。

もし海流や離岸流に流された場合、周囲のビーチを把握しておくということは非常に大切なことだ。
それを知っているか、知らないかは命に関わってくる問題だ。
今後も安全に潜るためにも、ビーチとビーチの位置関係をすべて頭にインプットしておいたほうがいい。

20170723 napoleon (4)
宮古島では2回目となるイソバナを見つけた。
これは意外な収穫だった。
「ナポレオン」に「イソバナ」があるという話は今まで聞いたことがなかったので、これは新しい発見だ。

「ナポレオン北側」に関しては、このあと動画と共に解説していこうと思う。

――つづく――
2017/07/25 Tue. 21:52 | trackback: -- | comment: -- | edit