09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/24)「kaz✩とナイトシュノ」の巻 

20170724 kaz night (2)
kaz✩とナイトシュノーケリング。
俺自身、今回、3度目のナイトになる。
夜のスリルは昼の比ではない。
強い精神力が求められる世界。

20170724 kaz night (1)
ケンケンの装備もすごいが、kaz✩の装備もかなりキている。
夜のシュノーケリングでは、相手に頼ったり、相手任せにするのはとても危険だ。
それぞれが「一人」だったとしても、自分自身の身を守れるスキルが求められる。

今回、確認できた生物としては、イセエビ、セミエビ(超高級食材)、ミーバイ、アイゴ、アカモンガニなど……。

ナイトでは初めてエッジの際まで行った。
初めてみる夜のリーフエッジ。
もちろん不気味さもあるのだが、言い知れぬ高揚感がある。
なんとも言えない気持ち。

夜の海に一人で臆することなく出れるようになったとき、真の海人(うみんちゅ)になれるのだろう。
俺なんて、まだまだだ。
楽しさよりも、まだやはり恐怖心の方が大きい。

漆黒の海を友とできるようになるまで、ひたすら潜り続けるのみ――。
2017/07/26 Wed. 00:26 | trackback: -- | comment: -- | edit