09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

HARUのスローライフ日記

~死す時は宮古の海に抱かれて~

(7/29)「台風9号接近中の宮古島から動画ダイジェスト」の巻 

(2017.07.29)「台風9号接近中・新規ビーチ開拓」の巻

新規ビーチ。
宮古島地図の完全な盲点だった。
なぜ今まで気づかなかったのだろう。

(2017.07.29)「台風9号接近中・インギャー遊歩道」の巻

波が遊歩道を超え始めた。
そろそろ危ない段階に入ってきた。
シュノーケリングはすぐに中止すべきだ。

(2017.07.29)「台風9号接近中・友利博愛漁港」の巻

美しくも荒々しく迫りくる波。
波風ともにだいぶ強い。
明らかに昨日よりも荒れている。

(2017.07.29)「台風9号接近中・三角岩」の巻

昨日よりもじゃっかん荒れている感じはするが、そこまでではなかった。
三角岩が波に洗われる様子は、見る者をいつまでも飽きさせない。
岩が空間にせり出しているので、恐怖感はかなりある。

(2017.07.29)「台風9号接近中・七又海岸」の巻

この映像を見ていると、断崖の海面ラインのえぐれている理由がよくわかる。
こうした荒波の繰り返しが、長い年月をかけて岩肌を削り取った。
あの場所に放りだされたら、人間など一瞬で絶命するだろう。

(2017.07.29)「台風9号接近中(モアイ断崖)突然のビッグスプラッシュ」の巻

撮影を始めた直後、背後から突然の高波による強烈な波しぶき。
もう少し強い波だったら、海に引きずり込まれてもおかしくない危険な状況だった。
あとからこの映像を見ても、ぞっとする瞬間だった。

(2017.07.29)「台風9号接近中(モアイ断崖)ダイナミックスプラッシュ」の巻

岩肌に激突し砕け散る波しぶきが美しい。
空高く舞い上がるしぶきは、まるでスローモーションのようだ。
恐怖を感じながらも、ついつい見とれてしまう。

(2017.07.29)「台風9号接近中(モアイ断崖)美しすぎるロールブルー」の巻

沖から入ってきた巨大なウネリが、美しいロールを描いていく。
あまりにも壮大すぎる光景に、ただただ息を飲む。
海は生きている――、ということを感じる。

(2017.07.29)「台風9号接近中(モアイ断崖)吹きあがる波しぶき」の巻

躍動する波しぶきが空高く舞い上がる。
まるで意思を持った生きものだ。
粉雪のようなスプラッシュシャワーを全身に浴びて海と一体になった。
2017/07/29 Sat. 21:00 | trackback: -- | comment: -- | edit